ロゴ
HOME>特集>ストレスや疲労の蓄積には要注意!自分で自分を守ろう

ストレスや疲労の蓄積には要注意!自分で自分を守ろう

男女

ストレスや疲労からくる病気

ストレスは誰でも少なからず受けるものです。現代人はストレス社会をすごしているため、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまっています。気温や仕事、タバコも原因です。しかし、溜めすぎると体の不調や疲労につながります。ストレスが原因の病気はたくさんあり、代表格はうつ病です。やる気の低下や食欲不振などの症状がおこり、重症すると生活に影響を及ぼしてしまいます。じんましんや円形脱毛症、過敏性腸症候群などもそうです。溜めすぎるのは、イライラしたり肩こりや腰痛につながったりと良いことはありません。朝日を浴びる健康的な暮らしを送り、病気を予防しましょう。適度な運動をし、溜め込まずに発散することが大切です。

看護師

病気にならないために必要なこと

ストレスの発散が病気の予防にいちばん効果的です。自分の好きなことを見つけて熱中すれば、いつの間に発散されています。なんでもよいので、自分の熱中できることを見つけましょう。健康的な生活もストレス発散につながります。朝起きて、カーテンを開けて朝日を浴びましょう。そして、朝食をしっかり摂取します。自律神経が刺激を受け、頭がよく働くようになります。夕食は寝る3時間前には済ませましょう。適度な運動も大切です。激しい運動は体に疲労を溜めてしまうので、うっすらと汗をかく程度のウォーキングがおすすめです。ストレス源を取り除くことがいちばんですが、現代人にはなかなか難しいです。ストレスはある程度必要なので、上手く付き合うのが大事です。